トップページ > 使いやすい長財布を選ぼう > 財布に宿る運を大切にしよう

財布に宿る運を大切にしよう


なぜお金持ちの人とそうでない人がいるのだろう?
お金が貯まる人と貯まらない人との違いは何?
同じように努力をしても、仕事で成功する人としない人がいるのはどうして?
多くの人が、大抵一度はこのようなことを考えたことがあるのではないでしょうか。
実はこの両者の違いは「運」にあるのです。
では、その運の違いはどこからくるのか?
それは、周囲の環境や自分の行動様式に大きく左右されます。
金運を上げるには、一度改めて周りの環境や日常の行動を見直してみることが必要です。

日常の暮らしの中では、まず方角を意識してみること。
これを習慣付けるだけでも、大分運気が変わってくるはずです。
金運は、西の方角からやってくるとされています。
部屋の中では、西の場所に金運に良いといわれる黄色の小物や花を置いてみましょう。
該当の場所に窓がある場合は、黄色いカ―テンを付けても。
黄色系の色であれば、好みによってはオレンジや薄茶色などでも代用可能です。

また、財布は就寝中どこに置いていますか?
そんなことまで、気にしたことがない、という人も多いと思います。
しかし、財布をずっとカバンの中にしまい込んだままではダメなのです。
これからは、寝室の北側に置くように意識付けましょう。
北にはお金を貯めるパワ-があるといわれます。
更にお金は暗い場所を好み、そうした状況で増えていく力を蓄えるとも。
夜、眠っている間は、引き出しや箱の中に財布を保管しておきましょう。

普段身に着けるものには、私たちが考えているよりもずっと運が込められているもの。
その中でも、お金の部屋である財布には、特別な意味が秘められています。
財布の中に、純金や水晶の欠片を入れておくのも、金運アップに有効です。
また財布にも寿命があることをご存知ですか?
機能的にまだ使える状態であることと、財布の寿命とは、必ずしも一致しません。
元々財布に宿っている運がなくなるのは、購入後から約三年といわれています。
もし、長く使っている財布があれば、思い切って買い換えるのも。
その場合は、お金が生まれる場所とされる、西の方位で財布を買うとよいでしょう。
良い財布との出会いで、金運も決まります。
一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


PAGETOP