トップページ > 使いやすい長財布を選ぼう > 購入時期はいつがいい?

購入時期はいつがいい?


一般的に大体三年程度で買い換えるのがいいとされています。

あまり古くなると、運気も下降してしまうもの。

せっかく使うなら、金運もアップさせたいものですね。

 

では、新しくサイフを購入したら、どのように使い始めるのがいいでしょうか。

大抵の人は始めは気にしても日常的な使い方について、特に意識していないと思います。

しかし、金運を上昇させるためには、漠然と使っていてはだめなのです。

使い始めのポイントをおさえておきましょう。

 

まず、金運アップさせたければ、サイフの中には、たっぷりとお金を入れておくこと。

同じ一万円でも、万札一枚だけを入れるよりは、

千円札を10枚用意しておく方がいいのです。

 

できれば、五千円札や二千円札も折り混ぜ、

全種類を入れておくようにすれば完ぺきです。

お札は仲間を求める性質があります。

その性質を無視すると、金運にも影響が出てしまいます。

お札を一人ぼっちにせず、常に複数入れておくことを心がけて下さい。

 

また、いつもそうしているうちに、

サイフの方が「このぐらいの金額が入っている状態が普通なのだ」と認識するようになり、

それが習慣となっていきます。

お金がお金をどんどん呼び込み、運気はグングン上がるというもの。

そして、入れるお札は必ず新札を入れるようにします。

更に、サイフにあるすべてのお札に敬意を表し、その出会いについて感謝しましょう。

お金との出会いも人とのそれと同じです。

その真摯な気持ちが相手に伝わり、幸せをもたらしてくれるのです。

 

では、いつ頃購入するのがいいのでしょうか。

昔から「サイフが張る」ということから、春に買うのが縁起がいいとされています。

春の定義については諸説ありますが、一般的には冬至が終わってから、

三月までを目安に購入するのがいいでしょう。

新年の一月一日から新しいサイフを使い始めるのもいいですね。

また、日本の場合は四月の新学期や新年度に合わせるのもいいでしょう。

 

日常生活に欠かせない、頼れる相棒ですから、

どれにしようかな?と、サイフを選ぶのは本当に楽しいもの。

自分がこれだ!と感じるインスピレ-ションを大事にしましょう。

 

手元に届けられる日は大安にしてくれますから

こちらから、金運アップにふさわしい財布との出会いを見つけて下さい!


⇒ 開運度をさらにアップさせる秘訣とは?

 


PAGETOP