トップページ > 正しい開運の常識

正しい開運の常識


財布は、大人であれば大抵どんな人でも毎日お金を入れて持ち歩くもの。

それこそ肌身離さずという存在です。

だから関連性は誰にでも容易に想像がつくことでしょう。

普段、運など信じないような方でさえ、

財布を買う時だけは開運に効果があるかどうかを

少し気にしてしまうということがあるのではないでしょうか。

 

お金を引き寄せる力に密接な関係があることは事実です。

但し、大事なのは正しい知識を持つことです。

金運に関する情報をほんの少しおさえておくだけで、

運をコントロールできるのです。

 

知らなかったために、手に入るはずのお金が逃げてしまったという

事態に陥らないよう2つの関係について、正しく学んでみませんか。

新しい財布を買う時にきっと役に立つはずです。

 

お金に好かれる良いサイフといえば、

真っ先に黄色いタイプを思い浮かべる方も多いのでは?

黄色というのは、まさしく陽の色です。

 

gogyou

古代中国の思想である五行では、黄色は土の色を表すとされています。

五行で言われる火、水、木、金、土の五種類の元素は、

互いに影響を与え合い、循環するといわれ、土は金を作る要素となるもの。

こうした自然哲学の思想からみても、黄色のサイフが

いいとされるのは理にかなったことなのです。

黄色に土色を混ぜた黄土色も効果的な色です。

 

他に気になる色といえば、赤です。

よく一般的には赤は紙幣を火の色であり、

紙幣を燃やすため良くないとされています。

 

しかし国によっては、赤は元気を与えてくれる色であり、

ふさわしい色ととらえられることも。

太陽のように燃える元気な力をお金に与えてくれるとも。

 

また表面の色だけでなく、内張りも大きな意味を持ちます。

目立つ色が嫌いな場合は内張りに金色を使うのも一つの手です。

金色はお金そのものを表すため、中にお金があるという象徴的な意味となります。

赤いサイフを持ちたい人は内張りの色を変えてもいいかもしれません。

 

どちらが正解ということはなく、開運財布を持つ人がどう考えるかということが重要なのですね。

人の縁と同じように身に付けるアイテムとの縁も大事にしたいもの。

 

あなたのお金にパワ-と元気を与えてくれるのはこちらから。


PAGETOP