トップページ > 正しい開運の常識 > 節約していいもの いけないもの

節約していいもの いけないもの


失業やリストラなど厳しい経済状況が続くこの時代。

節約術などを教える本もたくさん巷に出回っています。

限られた収入の中で出費を抑え、

堅実に生活するということはとても重要なことです。

 

それ自体は何ら悪いことではありません。

 

しかし、節約術の一貫として、サイフの中には必要以外の

お金は入れておかないとする人がいます。

これだけは、改めた方がいいと言わざるを得ません。

 

金運アップのためには、サイフの中に入れるお金は、

原則サイフ本体の値段を下回ってはいけないとされています。

外側の価格と、内側に入っているお金に差をつけるのは良くありません。

 

「その日使う分しか入れない!」

 

この習慣は思い切ってやめましょう。

多額のお金を手に入れるためには、

目の前にあるお金のことだけを見るのではなく、

金運アップという大局的な観点で物事を考えるように

習慣付けることをおすすめします。

 

またいくら節約中だからといって、財布自体のお金まで節約するのも考えものです。

先日街を歩いていたら、あるお店の前のスペ-スに

ワゴンに入った100円のサイフが売られていました。

 

「少々ワケあり」とのタグと共に・・・

思わず飛び付きたくなるような値段ですが、ちょっと待って!

 

サイフに関しては、極端にチープな値段のものを持ってはいけません。

分不相応なものである必要はありませんが、

しかし外側が豪華で中身はチープな状態が良くないように、逆も然り。

あまりにチープすぎるサイフもお金が居つかずに、逃げていってしまいます。

要は、持っている状態にふさわしい経済状態に、

自然となってしまうものなのです。

 

子供が持たなくなったから、と大人が子供用を持ち歩くのもダメ。

いい年をした大人が、キャラクタ-付きの

カジュアルなタイプを持つのも避けた方がいいですね。

その人にふさわしい財布というものがあります。

誤った節約に拘ることで、却ってお金から縁遠くなってしまっては元も子もありません。

 

サイフとお金の正しい関係、またお金に対する意識の高め方について、

一度じっくり考えてみましょう。

 

あなたにふさわしいサイフが揃っています。

syokunin


PAGETOP