ふくろう、なぜ縁起の良い象徴なの?


国内では古い時代から縁起物として利用されているものが多数あります。その中には金運や健康運、商売運などを期待しているものが多い傾向にありますが、代表的なものの中には、ふくろうを挙げることができます。ふくろうがなぜ縁起の良いとされているのかは、その語呂合わせを確認すると非常に分かりやすいでしょう。

例えば不苦労などとして、苦労してしまう人生を送らないことを目的に使う場合があり、この内容では殆ど全ての方に対して該当していると言える内容でしょう。また、福来という言葉を用いることもあります。この内容では福が外からやって来るという内容を含んでいるので、同じように万人向けとして用いることができますよね。

他にも不老などといった言葉を代用することもでき、いつまでも若々しい状態を保つことを目的にしている内容や、福を呼び込むながら年を重ねていくという内容も含まれていることになります。このことから縁起の良い象徴として使われるようになったのですが、ふくろうには習性というものもあり、首が大きく回転させることができることも非常に有名です。

このことから、借金などで首が回らなくなることを避ける意味合いを持っていたり、首が回転することから商売繁盛を意味しているとも言われるようになりました。

実際に活用しているアイテムなどは国内で流通しているものが多く、例えば木彫りのふくろうグッズなどが数多く存在しています。置物として室内のインテリアに向いているアイテムや、壁掛け用として飾り立てることのできるように工夫されているもの、壁掛け用としては時計などもモチーフにしているものまで販売されています。

小さなアイテムの場合では耳かきや孫の手、文房具なども販売されているものも見ることができ、非常に豊富なアイテムが用意されているでしょう。国内では実際にコレクションアイテムとして広く収集をしている方も存在している状況にあり、特に木彫り品の場合では手作りアイテムとして一品物として販売されているものが多く、一つ一つ表情の異なるアイテムを楽しむことができます。

ふくろうのアイテムの中には財布も用意されています。デザインが施されているものになり、金運や開運に効果的なアイテムとして人気を得ているものがあります。

中には風水を意識して作られている財布まで存在していて、黄色を基本としたカラーリングのものが特に高い人気を得ているアイテムとして販売されていて、多くの方々に親しまれているものでしょう。


PAGETOP