秘められた新月のパワーを上手に取り込もう!


パワフルでエネルギッシュな太陽と対照的な夜空に静かに光り輝く月。

私たちの住む地球は、周りをまわり続けている月の影響を絶えず受けています。

 

例えば、海の潮の満ち引きは月の引力がもたらしている現象です。

また、人間の体も例外ではなく、月の満ち欠けの周期と女性の生理周期は重なり、

満月の日は出産が多くなります。満ち欠けを繰り返す月は、

科学が発達した現在でも神秘的な力があると考えられています。

 

29.5日をかけて一回りする月の満ち欠けの中でも、

地球から見て太陽の方向に月があり、

姿が見えなくなる新月は特別なパワーを持つといわれています。

 

月は月齢0の新月から大きくなり満月で最大に、

その後次第に細くなることを繰り返しています。

 

月の持つパワーもその満ち欠けの影響を受け、

満月の時は物事が「満ちる・達成する」パワーにあふれています。

対して、新月は「始まり・成長」のパワーをもっています。

 

新月はこれまでの流れを断ち切り、物事をリセットしてくれます。

そのため、これまでの悪循環を断ち軌道修正をしたり、

新たな物事を始めたりするのにぴったりです。

これまでの自分に別れを告げ、新しい自分に生まれ変わるのにぴったりというわけです。

 

そんな新月の日は、願い事をするとかなうともいわれています。

願い事をするときは、できるだけ具体的にし、突拍子もないことではなく身近なことから始めましょう。

 

始まり・成長のエネルギーにあふれる新月は、

お金を増やす効果が期待できるので、金運アップを願う人も注目です。

新月にお財布を使い始めると縁起が良く、

月が満ちるにつれてお金が貯(た)まる財布になるそうです。

 

金運アップに、新月のパワーを最大に生かす方法があります。

まず、金運に効果的な日に財布を購入しましょう。金運アップに効果的な日とは、

大安・天赦日(てんしゃにち)・寅の日・一粒万倍日です。財布を購入したら、

すぐに使わずに、お財布にお金を入れて寝かせておきます。

 

すると、財布がこの時に入っているお金を覚え、

常にその金額が入っているように保とうとするのだそうです。

そのため、お金を増やしたいなら多めのお金を入れておくのがおすすめです。

 

新月の日が来たら、いよいよ財布をおろしましょう。

この新月の日は、天気が悪く夜空が思うように見えなくても大丈夫です。

見えなくても新月のパワーはしっかり届いていますので、

次の新月を待つことなく使い始めて大丈夫です。

 

そのほかに、新月は宝くじを買うのもぴったりといわれています。

新月パワーがあふれるこの日は、思いがけないことが起こるので、

ギャンブルでは大穴が期待できるともいわれています。

 

また、金運祈願や、金運アップのお守りを買うならば、ぜひ、新月にしてみてください。

 

【特殊な日】19年に1度しか訪れない、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれる特別な冬至があります。新月と冬至が重なる年の冬至のことで、太陽と月の復活の日が重なることで、古来よりとても縁起のよい日とされています!次回は、2033年です。

 

⇒ 縁起日のカレンダーはこちら!

 

⇒ 月にこだわりがあるなら、ボイドタイムは外したいかも・・・


PAGETOP