縁起物のプレゼントで相手の更なる幸せを願う


誰かにプレゼントを贈るとき、相手の笑顔が見たくてプレゼントを選ぶことが多いのではないでしょうか?相手がもっと幸せになることを願って、縁起物のアイテムを贈ってみてはいかがでしょう。普段の生活の中に自然に溶け込んで、使うことでドンドン幸せを引き寄せてくれる、そんな贈り物を選んでみても良いのではないでしょうか?

そこでお勧めの縁起物のプレゼントにはどんなものがあるのか早速探ってみることにしましょう。

「魔を断じて未来を切り開く」お勧めアイテム

まずは、「魔を断じて未来を切り開く」と言われている縁起物をご紹介しましょう。一体何だと思いますか?

それは「刃物」!「切れる」という言葉にネガティブなイメージを持ってしまっている方もいるかも知れませんが、実はナイフやはさみ等の「刃物」は、とても縁起の良い贈り物なのです。

元々は神聖な献上品

刃物は、元々は権威の象徴としての献上品でした。そのため神聖なものとして祀りごと等に使われて来ました。
現代でも、新たなスタートを切るときに式典等で刃物を使います。七五三のとき男の子に持たせる守り刀、結婚式の時花嫁が持つ懐刀、開通式のテープカット、結婚式の時のウエディングケーキへの入刀等々刃物がなければ行なうことが出来ないことばかりです。

ハサミやナイフで開運

ハサミやナイフで切るものはネガティブな感情やご縁等になります。「悪縁を断ち切ったり、災いを断ち切ったりすることで魔を断じて、未来を切り開く」という意味があるのだそうです。つまり、“未来の発展”に向けた開運グッズとして喜ばれそうですよね。

包丁は家庭円満の縁起物アイテム

また、結婚やお引越しのお祝いに、包丁を贈ることは「家族のために食事を作る」という意味で“家庭円満”の縁起物アイテムなのだとか。確かに美味しい料理が待っていると思えば、帰宅するのも楽しくなって、家族揃って食卓を囲む機会も多くなりそうです。

「なごみ系の動物」で幸せを呼び込む

次に、可愛い物に目がない方や、小さなお子さんがいる方には、「なごみ系の動物」の縁起物をお勧めします。

定番の招き猫が三毛猫なのは何故?

昔からお店に飾られることの多い開運アイテムとして“招き猫”がありますが、左右どちらの手を挙げているかで、開運効果が違うことをご存知の方も多いハズ。右手を挙げている場合は金運や幸運、左手を挙げているのは千客万来です。

最近では随分と色のバリエーションが豊富になりましたが、昔ながらの斑模様の“三毛猫”は変わらず人気があります。三毛猫はメス猫の場合が多いそうなのですが、ごくごくまれにオスの三毛猫が産まれることがあるそうです。そのためオスの三毛猫は福を運んで来てくれると言われて、とても珍重されていました。船にオスの三毛猫をのせておくと、船が沈むことはないと言う言い伝えがあります。

つまりそのオスの三毛猫のラッキーにあやかるために作られたのが招き猫なのです。

フクロウはマルチな開運グッズ

フクロウは古代ギリシャやローマでは、智恵の神、学問の神として大切にされていました。そのため現在でも智恵の象徴とされています。

「福来朗(フクロウ)」、「不苦労(フクロウ)」とも呼ばれているため、朗らかに福が来たり、苦労知らずに過ごせたりすると言う意味があり、とても縁起の良い鳥として古くから愛され続けています。

また、フクロウは首がぐるりと回ることでも有名です。そのため「借金で首が回らないようなことにならない=お金に困らない」という意味で金運アップアイテムとして人気があります。

他にも夜行性で暗い所でも良く見えるため「見通しが良い」とか、幸せに年を重ねて行く「福老(ふくろう)」、幸せが集まって来る「福籠(ふくろう)」とも言われています。

フクロウは、見た目も愛らしい上にラッキーの宝庫!となれば開運グッズとして、マストアイテムと言えそうです。

蝶が幸せを運んで来る

蝶は良い知らせを運んで来てくれると言われています。また、幼虫からサナギに変化して美しい蝶になりますので美の象徴になります。また、幼虫から蝶に成長して行く過程で何度も皮を脱ぎ捨てるため、古い自分を脱ぎ捨てて新しい自分になるという生まれ変わりを意味し、不滅や不死の象徴でもあります。

また、蝶は日本では花嫁衣裳の柄として良く使われて来ました。それは、安定を意味する「丁」や、秀でているという意味の「長」という縁起の良い意味があったからです。

蝶は美しさや不死・不滅を象徴していますので、強力なラッキーアイテムとして人気が高いのも頷けます。

リースで永遠の幸せを願う

円形は、直線形等と違って終わりがない形と言えます。そのため「永遠」を意味すると言われています。お祝いの席のテーブルにリース型のお花が飾られたり、丸テーブルが使われたりすることが良くあります。

永遠の幸せを願う気持ちを贈るなら、お花のリースはお勧めです。また、お花のリースには見た目の華やかさもありますので、結婚祝いやお誕生日祝いなどにピッタリの贈り物だと思いませんか?

まとめ

贈り物としての開運グッズについてお伝えしてきましたが、ご参考になりましたでしょうか?

大切なことは、プレゼントを贈る相手の更なる幸せを願っていることを上手く伝えることが出来ることです。また、せっかくの縁起物ですので、出来る限り上手に活用してもらいたいものです。そのために縁起物のいわれや使い方を記したカード等を添えてみても良いのではないでしょうか。


PAGETOP