財布に布団!?その効果は?


みなさん、「財布の布団」ってご存じですか?知らない方は、財布を人形に見立てたままごとかと思うかもしれませんが、あなたの将来を左右するかもしれない真剣なお話です。今日は、その財布の布団についてご紹介したいと思います。もしかしたら、あなたもやってみようかなと思うかもしれませんよ。

財布の布団とは

○今、注目の開運アイテム

財布の布団とは、言葉の通り財布のお布団のこと。

タレント松居一代さんが、財布のために自分がやっていることを紹介したところ、反響が大きく広く知れるようになったものです。反響が大きかったのは奇抜な発想だったからではなく、そのタレントが大きな財力を持ち、強い金運を持っているとみなされ、効果があると世間に認められたからではないでしょうか。

ちなみに、松居一代さんが紹介したのは、おかげ横丁にある『吉兆招福亭』 さんで購入した財布の布団です。

○販売されている「財布の布団」

いくら効果があるといっても、「財布に布団を用意するなんて…」と思うかもしれませんが、「財布の布団」は複数のショップや個人から販売されている人気の開運アイテムです。財布の布団を作ってくれるという寝具店やオーダーメイドで作ってくれるお店もあるらしいので、商品としての魅力も相当なものと思われます。内容を見てみると敷布団に掛布団、枕までついているものも多くあります。まさに、人間の布団と同じです。

○手作り派も

財布の布団を手作りしている方も多いようです。財布の布団は人間の布団に比べればミニサイズ。綿を詰めてしっかり布団として作る人もいれば、家にあるタオルやハンカチを駆使して財布の布団にしているという人もいます。財布の布団ならぬ、財布のベッドを作った方もいるようですよ。

効果大!財布の布団への寝かせ方

物事にはやり方があるように、財布の寝かせ方はあるのでしょうか。調べてみたところ、決まったやり方はないようです。色や形、素材についても特に言及はありませんでした。しかし、開運効果をさらに上げたいならいくつかのヒントがあります。

財布の布団とは、一日お世話になった財布を気持ちよく休ませてあげようという発想だととらえることができます。人間に置き換えて考えてみてください。激しい光や大きな音があるところでは、気が休まりませんね。財布も同じです。静かで暗めの落ち着く場所で休ませてあげてください。方角は、西・北・東北が良いそうです。

財布を寝かせるといっても、寝かせてばかりいてはいけないそうです。人間も寝る暇なく働くのは大変ですが、寝てばかりいると身体も心も停滞してしまうことがあります。適度な運動をするとぐっすり眠れ、翌朝、快適なように、財布にも生活のメリハリが必要なのかもしれませんね。

財布の布団に効果はあるの?

ここまでいろいろ書いてきましたが、皆さんが一番知りたいのは「本当に効果はあるの?」ということだと思います。

各種サイトやブログで紹介されている口コミをチェックしてみたところ、財布の布団を実践している人の多くが「効果があった」と答えていました。金運が上がったというコメントが多かったものの、それ以外の効果を実感している人も少なくないようです。

多くの人が口をそろえるのが「出費が減った」「無駄遣いが減った」というもの。家計管理に家計簿をつけている方もいることと思いますが、ただつけているだけでは出費を減らすことはできません。つけた家計簿を見てどこが不要な出費だったのか、どの出費が減らせるか分析し、その方法を考えなければ家計簿の意味が薄れてしまいます。しかし、実際はつけっぱなしになっていることも多いのではないでしょうか。財布を布団に寝かせることで、出費が抑えられるなら家計簿も不要になるかもしれませんね。

実際、お金が手に入ったという口コミには「宝くじにあたった」「臨時収入があった」というものもありました。その他、「収入アップにつながる仕事が舞い込んだ」という口コミもありましたよ。「人脈が広がった」という人もいました。お金は人から人へ渡されていくものですから、人とのつながりはお金のめぐりに関係するのかもしれませんね。

いかがでしょうか。多くの人が効果を実感しているお財布の布団。ただの開運グッズで終わらせるのはもったいない気がします。

財布を布団に入れるとは?

財布を布団に入れることについて、ちょっと考えてみました。

財布を布団に入れることのポイントは、2つあります。まずは、財布を外から帰ったらバッグに入れたままにしないということ。もう一つは、財布をあちこちに置かないこと。二つ目は管理や防犯の面からも大切です。

これらから「財布を大切に」というメッセージが感じられます。財布を粗末にしないというのは、日本人の心に宿る物を大切にする精神につながると思います。財布はお金の住まいともいわれ、財布を大切にするということはお金を大切にすることに他なりません。お金を大切にするということは、お金に対する意識を高く持つことにつながります。財布を布団に寝かせるのは、財布やお金に感謝の気持ちを持ち、居心地を良くして労をねぎらうということだと思います。感謝の気持ちは財布にも伝わり、気持ちに応えようとしてくれるため金運が上がるのかもしれませんね。

裏を返せば、ずぼらやだらしないことは運気に見放されるということではないでしょうか。お金にとって居心地の良い空間にするには、家の掃除も大切です。いくら財布を布団に寝かせても、家が汚く散らかり放題では運気からも見放されそうです。

財布の布団と合わせて実践したいこと

財布を専用の布団に寝かせてみようかなと思った方は、次のことをあわせてやってみてください。

一日の3分の1を過ごす布団は、運気をためる場所です。そのため財布の布団をはじめようと思うならば、自分自身の布団も新調してみることをおすすめします。


PAGETOP