風水からみたお金がたまる財布の選び方


今使っている財布がぐったりしちゃったから新しく買い換えたいというアナタ、せっかく買い換えるなら、風水からみてバッチリお金がたまる財布を選びたいものですよね。ここでは、財をなす風水財布選びのノウハウをご紹介します。

■もっともいい色は「金」

最重要ポイントともいえるカラー選び。金運は、「明るくイキイキした所」に集まってきます。もっとも財布によいとされる色は「金色」、あるいは「黄色」の財布です。「類は友を呼ぶ」という諺にあるように、「金」の色と同調することで、お金を引き寄せる確率がぐぐっとアップするでしょう。ただし、ギャンブル好きの人には逆効果なので要注意です。

また黄色は「金の気」を持つ色と言われています。

注意すべきは「真っ黄色」の財布。

この色は、入ってくる勢いもスゴイのですが、出ていく勢いもこれまた強いので、少し薄い色を選ぶといいでしょう。他にも女性におすすめなのが他力本願で金運がアップする「ピンク」、男性の財布の定番である「黒」は今あるお金を守る色と言われています。

もっともよい色の組み合わせは「黄色と赤」。外側が赤で、内側が金または黄色なんていう財布があったらベスト。内側が黄色でない場合は、財布の中に金色のカードを入れておくと金運がアップすると言われています。

■絶対に本革、しかもヘビ

素材選びも重要です。絶対に本革を選びましょう。本皮の財布は、素材である動物が持つ性質をそのまま受け継ぐと言われています。

一番いいのが財を強くする力があるヘビの皮( ⇒ 特に白蛇)。

また、クロコダイルも、その習性のごとく、その大きな口でくわえ、一度飲み込んだものは絶対に吐き出さないように、財布に入ったお金が出ていかないよう守ってくれます。

■なんといっても長財布

財布の形は長財布が最良の選択です。なるほど、2つ折りの財布のほうがコンパクトで持ち運びにはベストですが、お金は折らないで入れたほうがいいのです。お金にとって財布は家も同然。手足を伸ばした状態で入れてあげましょう。

そして、財布につきもののポケットの数にも良し悪しがあるのです。ポケットの数は6,8,12がいいとされています。中でも8つのポケットがついた長財布はベスト。なぜなら、「八」は末広がりで縁起のいい数字だからです。

愛着をもって大事に使うのが最大の金運アップ?風水からみた金運財布について紹介してきましたが、大事なことは自分の気に入ったものを大事に使うこと。いくら金運がいいとされる財布を使っていても、愛着が持てなくては、金運も去っていってしまうでしょう。

ブランド品にかかわらず、作りのしっかりしたものを選びましょう。クオリティが高くセンスの良い財布は、お値段もそれなりにしますが、よいものには愛着が湧いてきます。そして大切に使うので、結果的に「長持ち」することになります。モノを大事に長く使うことは、蓄財の基本中の基本なのです。


PAGETOP