黄色の財布でポジティブになろう


バブルの崩壊は遠い昔。職があるのに生活が苦しいワーキングプアがクローズアップされる現代において、お金は人生にかかわる大きなテーマです。そんな中、「お金がない」と漠然とした不安を抱えている人は少なくないことと思います。

しかし、お金がないと思うネガティブ思考は、人生のさまざまな場面でマイナスに働いてしまっているかもしれません。そんなネガティブ思考を変え、お金の回りをよくしてくれる可能性がある色が「黄」。黄色が持つ意味からお金とのかかわりを探っていきたいと思います。

エネルギッシュで希望や幸福を象徴する黄色

紀元前にはすでに身近な色となっていた黄色。ヨーロッパではサフラン、日本ではウコンの黄色が庶民にお馴染でした。そんなサフランやウコンは薬としての作用も認められており、黄色は人を健康で元気にしてくれる色という印象が定着しています。実際、黄色は脳で作られるメラトニンを増やす、若返り効果もあるんですよ。また、黄色は古くから太陽や穀物の実りを表し、明るく温かいイメージで喜びや幸福を象徴する色でもありました。そんなイメージからか「幸福の黄色いハンカチ」という映画もありましたね。

陰陽五行の思想が根付く中国で黄は万物の中心として位置づけられ、最高権力者の色として他のものは使うことができない色でした。陰陽五行では太陽と黄金、大地の色とされています。

たくさんの色がある中で、黄色はひときわ目立つ色です。その黄色が放つパワーは大きく、電化製品や交通標識など注意喚起の意味でもよく使われています。黄色は神経を緊張状態にする側面もあり、これが続くとストレスになりイライラにつながってしまう裏の顔もあります。一方で、集中力や判断力を高めてくれる効果もあります。

黄色い財布が自分を変える

では、黄の財布の効果は?黄色の財布は金運アップのアイテムとして有名です。調べてみるとそれは風水の影響が強く、お金の回りが良くなるといわれています。また、黄は陰陽五行で土の気をもち、物事を育ててくれる色とされています。つまり、黄色の財布は中にあるお金を育て増やしてくれると考えられるのです。

黄色は元気にしてくれる色ですので、金銭面の不安からネガティブになっている思考をストップし、前向きな思考をもたらしてくれます。気分の落ち込みを解消する作用もあり、ポジティブな思考ができるようにしてくれるでしょう。頭の痛い出費の場面でも黄色い財布を見れば、前向きなアイデアが出てくる可能性があります。

この黄色のパワーはお金に関することだけでなく、どんな場面でも通じますので落ち込んだ時に黄色の財布を取り出してみるのもおすすめですよ。黄色い財布との出会いは、これまでと違った明るく前向きなあなたとの出会いになるはずです。




PAGETOP