スティングレイ財布の魅力と手入れ方法


スティングレイ財布というのは海の宝石と言われているアカエイの皮を使った財布で、強度が高く、色が銀色の美しい色をしています。アカエイはトビエイ目アカエイ科に属しており主に東南アジアに生息している体長約1メートルほどのエイで尻尾には毒があります。浅い海の砂泥部に生息していることが多いですが河口などの汽水域に侵入することもあります。

アカエイの皮は普段の皮の表面のヌルヌルしたところを取り除いてから加工されるので、とても硬く、色も灰色の皮とは違い鮮やかなものになります。その綺麗さから財布だけでなくベルトやバッグなどにも使われています。昔はその硬さから兜や鎧にも使われていました。

スティングレイ財布の魅力と手入れ方



このアカエイの皮の特徴として硬い質感とビーズのような突起が挙げられます。このアカエイの皮は強度が高く、牛の皮の10倍の強度を誇っています。さらに使えば使うほどより光沢が増し美しくなっていくため、その皮の変化を楽しむこともできます。

さらにエイは海の生物なので、その皮は防水性に優れており、取り扱いが楽なところも魅力の1つです。

強度が高く防水性に優れているため、そこまで手入れに気をつけなくても長持ちするのであまり詳しくない人でも手軽に持つことができる革製品の1つです。

スティングレイの手入れ方

もし汚れてしまった時は、まずしっかり水を絞ったタオルなどの布で表面をやさしく拭きます。そのあとレプタイルクリームという専用のクリームを適量布に染み込ませてやさしく拭きます。そして最後に入らないクリームを綺麗に拭き取って、乾燥させれば完了です。このように手入れがとても簡単なので、初心者の方でも扱いやすいです。

なぜこのようにスティングレイの財布の手入れが簡単なのかというと、アカエイの皮は動物の歯と同じエナメル質でできているためそう簡単には欠けたり、削れたりしません。さらに表面はサメの肌と同じ細かく鋭利なエナメル質が規則正しく並んだ構造をしているため水をよくはじきます。そのため傷つきにくく、汚れにくいのです。さらにアカエイの皮にはリン酸カルシウムという人の歯を構成しているのと同じ元素が入っており、そのため磨けば磨くほど光沢が増していくという特徴があります。

このアカエイの1番の特徴と言われているのが、スターマークと言われるものです。

このスターマークというのはエイの背中の中心にある白い斑点状のもので、光を感知する第3の目として機能しています。このスターマークはエイ1匹に対して1つしかないため、とても貴重なものです。そのためこのスターマークを目立たせるデザインが多く使われています。

アカエイの皮はとてもかたいため、加工するのがとても難しく、昔はごくわずかな人だけが加工することができたため、希少性が高く、かなりの高値で売買されていました。最近では技術が発達したおかげでいくつかの加工方法がありますが、それでもまだかなり難しいため高級品として扱われています。現在ではアカエイの皮を加工するのに主に2つの方法が使われています。

1つはポリッシュ加工という方法で、これはアカエイの皮の表面にある突起を削ることでより光沢を出すという方法です。この方法を使うことで触った時の手触りがよりツルツルしたものになります。

もう1つがノーポリッシュ加工という方法です。これは先ほどの加工方法とは違い、表面をほとんど磨かないためアカエイの特徴であるザラザラした手触りを生かすという加工方法です。これはキャビアと言われることもあります。

このアカエイの多くは東南アジアに生息しています。日本付近にも生息していますが、エイの皮として加工できる品種ではないため日本産のエイ皮は作ることができません。そのためほとんどが東南アジア産です。

スティングレイは幸運を呼ぶ?

アジアの多くの国でエイ皮は崇められており、天眼や神の目と呼ぶ地域もあります。他にも幸福の魚という意味のラッキーフィッシュや、海の宝石などと言われ、とても縁起がいいものとして重宝されています。

ヨーロッパでは古くから本の装飾としても使われたり、刀剣の柄として使われ、中国では清朝時代に弓の一部にも使われていました。日本では武士がさやの素材として使っており、滑りにくいという実用性の面での理由だけでなく、心の浄化といった精神の面の理由としても使われていました。

スティングレイは希少性が高い!

スティングレイの財布は入手するのが難しいことでも知られています。生産できる量に限りがあり、さらにあまり知られていないためあまり市場に出回ることがないからです。そのため店頭では売っていないことが多いです。ですので買いたいと思っても、どこを探しても見つからないといったことになってしまうことが多いです。

しかしネットのショップを探すと、日本のサイトだけでなく海外のサイトも見ることができるため、いろんな種類のものが売っていたりします。そのためエイ皮を使った財布が欲しい場合はネットで探すという方法をお勧めします。

⇒ 国内ならこちらがオススメ【エイ革財布BAHARI】


PAGETOP